parks@blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

「太陽2068」2014年8月2日(昼)シアターコクーン

日本経済新聞の舞台レビュー
http://www.nikkei.com/article/DGXDZO74573090S4A720C1BE0P01/


出演・綾野剛、演出・蜷川幸雄、と聞き興味を持ったが、知るのが遅れてチケットは売り切れ。
ですよねー。
藤原新也氏原作の映画「渋谷」で綾野剛を知り、その映画ではどちらかといえば線が細く、共演者の佐津川愛美に押されてた感じもあったのだが、それがかえって彼のナイーヴさを際立たせているようで、興味を持った。
それからの活躍はまさに目を見張るようで、大河ドラマで松平容保を演じると知った時など本当に嬉しかったし、バラエティでの不思議くんぶり(駅伝の話をしながら泣いちゃうとか)もますます興味に拍車をかけた。
好きなのか?
といわれれば「よくわからない」。ただ、目が吸い寄せられてしまう。

今回の舞台はそんな彼を生で観れる。内容も面白そうだった。幸い、立ち見席がとれた。
そうすると、今度は劇作家の前川知大という人が気になる。
イキウメという劇団の主宰らしい。おっ、ちょうど再演してるじゃないか。
「関数ドミノ」を観た。なんかすごかった。
良い人とか悪い人とか外から判断するんじゃなくて、演者ひとりひとりが自主的に選んで台詞をしゃべっているような、迫りくる存在感があった。
これかなり期待しちゃう!


バイオテロによるウイルス感染から生き延びた人々は、老化せず病気にならず力も強くなった。ノクスと呼ばれる彼らは、太陽の下で生きることができない。また感情の起伏が少なく、出生率は極端に低くなった。夜だけがノクスの生活圏だが、明晰な頭脳で政治経済を司っている彼らはそんな生活を効率よく謳歌している。今のところは。
一方、ウイルス感染しなかった「古い」人間はキュリオと呼ばれる。彼らは貧しい村に住み、頭が堅くコンプレックスの塊だ。迷信や欲望に左右され、刻々と老化していく。
2種類の人間たちの間に立つノクスの門番・森繁(成宮)と、ノクスに憧れるキュリオの鉄彦(綾野)が出会い、友情を深めあうが、様々な価値観が彼らを翻弄する。


舞台が二層構造なのがまず驚いた。
通常のコクーンの舞台の高さが透明なアクリルの床。
その下にもう一つの低い舞台がある。打ちっ放しのコンクリートの床が見えている。
だから、下層は1階の客席からは少し見えにくいんじゃないかと思った。中2階立ち見席からは下層の様子もよく見えた。
下層は青い光で柱やテーブル、椅子に縁取りがしてある。無機質で理知的なノクスの世界が展開していた。
上層の透明な床が一部開いて、階段がセットされると行き来ができる仕掛け。その出入り口に門番がいる。ノクスとキュリオの世界が視覚的にとてもわかりやすい。
しかも、舞台だけではなくて客席の通路も駆け回る。鉄彦と森繁の若々しさや、下層に閉じこめられたノクスの世界と広大なキュリオの世界の対比も表現されていた。
蜷川さん、さすがっすね!!

キュリオ・鉄彦役の綾野剛さんは、テレビドラマで見られる清冽さや知的さよりも、「渋谷」で初めて観た時のバネのような若さと苛立ち、不器用な優しさとたくましさがあった。
もしかしたら、好きかもしれない。(遅い)
ただ、大声が少し不安定で通らなかったのが残念。
ノクス・森繁役の成宮さんは、綾野さんと違って安定の塊というか。もう何も心配ない。森繁がそういう役だったからかな?
「相棒」の時もそうだけど、安定すぎるほどの安定というか。役に対して迷ったり模索したり一切しないんだろうかこの人は。いや、これは単に甲斐くんと神戸くんを比べてるからかもしれないけど(笑)。
元AKB48の前田敦子さんは、キュリオの村で唯一の若い女性。村とノクスを嫌悪しながら、四国にあるというキュリオの街に憧れている。儚い夢だけを胸に現実を生き抜こうとする姿は、危なっかしくて純粋で、時折震える独特の声音が胸に沁みた。
思っていたより舞台向きかもしれないと思った。存在に透明感がある。ただ、キュリオの時とノクスになってからの演技のメリハリはもう少し欲しかったかも。

他に私が気になったのは、克哉役の横田栄司さん。線が太くて危険な男、秩序を乱しまくる犯罪者。彼の欲望によって、それまで見て見ぬふりをしてきた村の問題や、ノクスとの危うい関係が浮き彫りになる。彼によって森繁が窮地に追い込まれるとことか憎らしくて憎らしくて。動く度に圧力を持った悪意が客席に押し寄せる。
ノクスの夫婦役だった山崎一さん、伊藤蘭さんの合理的で非人間的な「鈍さ」。それでも美しい恐ろしさ。
キュリオ代表みたいな粗野な草一(六平直政さん)と、ノクスで訪問医の金田(大石継太さん)の関係で、世界の真実が語られる。鉄彦と森繁と同じく、キュリオとノクスではあるけれど、こちらの2人は世界を知りすぎ、歳をとりすぎた。諦めを共有しながら、ノクス(キュリオにはまだ出生率という希望がある)の終焉を見届ける2人になるのだろうか。

前川さんの作品はこの舞台と「関数ドミノ」しか観たことはないが、他人を羨み他人と比較する自分の弱さ、自分を監視する自我という鎖から逃れようとあがき、解き放たれるのかそのままなのか…君(観客)はそこからどうする?という直接的な質問に、どちらの作品も繋がっていってる気がした。
面白い。
多少なりと経験をして、とっくに落ち着いたと思っていた私の心をザワつかせる舞台は大好きだ。
前川知大さんの作品についてはこれからも注目したい。
プラス、蜷川さんの演出がスケール感をとんでもなくアップさせていた。
ラスト、鉄彦と森繁が外の世界を旅すると決め、スパニッシュギターにのせた「ホテルカリフォルニア」をBGMに、客席通路を駆け回る。もう一度舞台に飛び乗ると、舞台の奥、搬入口が天井まで開け放たれていて、2人はその向こうのコクーン駐車場に飛び出していく。
なんてすがすがしく力強いラストなんだろう。
それまでのどうしようもなく暗い閉塞感が、一気に解かれた瞬間だった。驚きと解放感で鳥肌がたった。

「きれいはきたない きたないはきれい」(マザーグースだったか)
知的で清潔で若々しいノクスの体には、毒の血が流れている。彼らは人間なのか、人間でないのか。人間を決定づける要素は何なのか。
なんてことをつらつら考えながら観ていたが、細かいことはどうでもよくなった。
このラストがあれば完璧だ。
素晴らしい舞台だった。

スポンサーサイト

PageTop

「二都物語」atシアターオーブ

「二都物語」atシアターオーブ



http://nito-monogatari.jp/



(ネタバレ注意?)



古代日本、ヤマタイ国とクナ国が舞台となる物語。ヤマタイよりもクナのほうが大国で、社会の仕組みも生活水準も充実している。
ヤマタイで反乱が起こり、女王ヒミコに代わって弟ナシメが権力を握る。スクネ(草なぎ)はその混乱に乗じてクナに渡った。
クナに住むサクヤ(堀北)は、投獄されていた父サイシ(大杉)が釈放された報を聞き、ヤマタイに向かう。サイシとサクヤが再会し、クナに帰る船でマナコ(小澤)と出会い、交流するようになる。
マナコは実はナシメの息子だったが父と意見が合わず、クナに亡命し学問を身につけようとしていた。
しかしマナコはナシメの陰謀であらぬ疑いをかけられ、裁判になる。彼が無罪を勝ち取るきっかけを作ったのがスクネだった。
サクヤを愛するようになるマナコ、スクネが気になるサクヤ、何か暗い過去を引きずっているスクネの三角関係が、ヤマタイとクナの間で繰り広げられる。



まず、初めて入ったシアターオーブの舞台の大きさ、天井の高さ、セットのデカさに驚いた。椅子のほどよい堅さが心地よい。
そして始まった時の音の良さ。音楽にふうわりと包み込まれ、肌で直接聴いているような感覚に(文字通り)鳥肌がたった。音響設備がすごいんだろうな。
普通のお芝居の普通の演出では太刀打ちできなさそうな会場だなと思った。演者が小さく見えすぎるんじゃないかと。
この「二都物語」も、半分ミュージカル形式(?)になっていて、しかも皆さん歌が素晴らしい。巧いだけじゃなく音色というのかスパーンと通る声で、ミュージカルの上級クラスの人たちがバックに揃ってるんじゃないだろうか。ちなみに主演の方々はあまり歌いませんけども。
テンポよく、笑いあり涙あり、驚愕のラストまで3時間、この長い原作をよくここまでまとめたなと思いました。



実は私、草なぎさんの舞台を初めて拝見しました。
スクネのナイーブさや偽悪的なところがはまってました。二の腕に盛り上がったソフトマッチョな筋肉とか、見事すぎてもうそれしか見えない(笑)。
多少セリフがカミカミで、しかも一回カミカミになるとしばらく引きずってしまうところはありましたが、魂を叩き込むような演技に引き込まれました。
草なぎさんは思ってた通り、(ダークな役柄に)真っ正面から真正直な演技だったのですが、堀北さんも同じタイプの演技だったのがちょっと意外でした。顔小さくて首から背中にかけてのラインが華奢で美しく、ふんわりした声だけど真っ正面vs真っ正面みたいな掛け合いになってて、恋してる割には少し息苦しかったような。
2人の演技になると、間もちょっと悪い感じでハラハラしたり。これは初日だったからだと思うので、これからきっと噛み合っていくんだろうな。そういう成長を見届ける楽しみもあるから舞台って好きさ。



これも意外だったのは、草なぎさんと堀北さんの真っ正面系に対して、小澤さんがけっこうまるめこみ系の演技だなと思ったり。この舞台でまるめこみ系のトップは橋本じゅんさんだと思うんだけど(2番目が高橋恵子さん)、息詰まる三角関係をいい塩梅に緩めてくれてたのがお坊ちゃまマナコ役の小澤さんだったと思う。
最近注目している三浦貴大さんは、出番は少なかったけどこれからいいまるめこみ系になりそうな俳優さんかも。そんなに目立たないんだけどなんとなく気にかかる。これから楽しみにしてます。



殺陣のシーンでは、堀北さんがびっくりするぐらいの鋭さを見せていて驚いた。草なぎさんの動きはいつも身軽くてそこだけ風が起きているようだった。
この2人は、どれだけ他に演者がいようと目立っている。スターってこういうことかなと思った。



あと、大杉レンレンは老人の役なんだけど、ずっと杖をつきながら中腰で演技していた。その体勢から声を出してて、なんかもう説明できないぐらい凄かった。存在が舞台と一体化してるような、それぐらい凄い感じ。また吾郎さんと舞台で共演してください。(どさくさ)



緊張感とスピード感のある、こちらの感情を揺さぶられるような舞台でした。
明るく楽しいだけでなく、喜怒哀楽の中の「怒」と「哀」が刺激される重いストーリーのほうが私は好きみたいです。
2国間の政治的関係や交易の内幕とかあまりなかったから、原作読んでみようかな。知人からは「カラマーゾフの兄弟」を強烈にオススメされてるし、読みたい本がいっぱいありすぎるんだけど(笑)。







二都物語 (上巻) (新潮文庫)二都物語 (上巻) (新潮文庫)
価格:¥ 662(税込)
発売日:1967-01-30








二都物語 (下巻) (新潮文庫)二都物語 (下巻) (新潮文庫)
価格:¥ 662(税込)
発売日:1967-01-30


PageTop

アイ・ハヴ・ア・ドリーム

「アイ・ハヴ・ア・ドリーム」
http://www.musical-za.com/STAGE/ihave11/stage.htm



9月25日(日)六行会ホール



友人が出演するということで、観劇しました。
もともとミュージカルは苦手なのでちょっと不安にもなりながらwww



舞台はアメリカ南部のモントゴメリー、奴隷としての黒人は解放されたものの、人権はまだ充分に確立されておらず、白人から理不尽な扱い(バスの座席着席不可、水飲み場やトイレの区別等)を受けていた時代。
貧しくとも肩寄せあって暮らすジャネットとマイクの姉弟だったが、不当解雇されて自棄になったマイクは、黒人コミュニティの中でもマルコムXと通じる過激な一派に身を投じる。ジャネットはそんな弟を心配する。
彼女の職場の同僚フィリスは、バス会社の御曹司トムと婚約を発表する。フィリスはほんの少し黒人の血が入っただけの、見かけは完全に白人の女性、トムは人種差別に反対するリベラルな青年だった。
そんな折、疲れきってバスの席に座ってしまった黒人女性がバスから引きずり降ろされ逮捕される事件が起きる。
キング牧師はこれに反対し、全ての黒人がバスを利用せずに生活するように呼びかける。非暴力で社会に訴える道を示したのだ。



この話は、以前何かのドキュメンタリーで見たことがあった。片道3時間以上もかけて職場と自宅を往復する黒人の列は、途切れることなく毎日毎日1年近くも続いたとか。
3時間以上というと、東日本大震災の日、私が歩いて帰った道のりとだいたい同じだ。これを行き帰り、1年も。
その光景を想像した。
貧しい人たちが、男も女も、老人も子供も、励ましあいながら歩き続ける。
職場に着いたら過酷な労働が待っているかもしれない、心ない言葉や嫌がらせに合うかもしれない、それでも、ただひたすら毎日歩く。非暴力で戦い続ける。いつか訪れる希望の日のために。



このミュージカルでは、私がその時想像した道の様子が見事に再現されていた。
客席と舞台という一面でしか向き合えない場所でありながら、まるで前後左右が人で溢れているようだった。
これはたぶん、歌声の素晴らしさだと思う。
特に主役4人の声がたっぷりと会場の隅々まで広がって、ミュージカルスターの格というものを見せ(聞かせ)つける。
人間の声ってこんなに届くんだと、驚いた。



史実に基づいた話というのも興味深かった。
キング牧師とマルコムX、KKK(クー・クラックス・クラン、白人至上主義の過激な集団)のトライアングルのまっただ中で、黒人たち白人たちは悩みながら自分の信じる道を見つけていく。
キング牧師とマルコムXは全く姿を見せず、ただ伝聞として伝わってくるだけなのだが、そのトライアングルの中で生きる市井の人々の存在感が更に増す演出だったと思う。



キング牧師とマルコムXが同じ時代の人だというのを知らなかったので、家に帰ってから調べてみた。二者がお互いのことを意識していなかったとは思えないので。



http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%8B%E3%82%A2



すると、キング牧師の非暴力主義の勝利後、ブラック・モスリムと手を切ったマルコムXがキング牧師に会いたがっていたことを知った。
その願いが叶う前に彼は暗殺されてしまうのだが、会う前だったことをキング牧師は特に嘆いていたという。



舞台が終わってからも、私の知識欲や脳や心がざわめくお芝居は、いいお芝居だ。←ナマステのことわざww
顔を黒く塗ってるけど日本人じゃん、とか、急に歌い出すのかよ、というツッコミは正直あったんだけども、最後にはそういう雑音を吹き飛ばすだけのパワーがありました。
素晴らしかったです。



友人さんがどこに出てくるかという予備知識なしで見ましたが、あっさり見つけました(笑)。
顔が黒くても地味な衣装でも、やっぱり目立ってます。
ダイナマイトボディの娼婦役の女性たちの胸とウェストと腰と脚にうっとりしてましたが、彼女だって脱いだらすごいんだからねっ!と心で叫びました。見たことないけどきっとそうwww
これからもミュージカルスター目指して突っ走ってください。
あ、彼女宛の花輪にまず笑いました。会社一同みたいなwww職場まで巻き込んで打ち込むその姿、かっこいいっすよ!!

PageTop

2003.11.22 「天衣粉上野初花~河内山と直侍」 at国立劇場

今度は「河内山」だけでなく「直侍」まで観られるというので、しかも松本幸四郎二役とは、お得感5割増し。公演を知ったのが遅かったので、チケットを予約したら一番後ろの列でした。そこまではお客さんもいっぱいにならず、通路側でゆったりと座っていられたので膝がぶつかってしまうほど狭い前の椅子との間も気になりません。
歌舞伎では、始まる前にパンフレットを買ってストーリィを読むようにしています。歌舞伎のパンフレットは広告がそれほど多いとは思えないのにカラーページが豊富で安価。おまけに今回のものは昔の浮世絵や写真で河内山と直侍が紹介されているのが興味深く、歌舞伎俳優さんたちそれぞれの一言あり、主演の幸四郎さんを交えた座談会あり、講談師・宝井馬琴氏の天保六花撰トリビアありと、読み応えたっぷり。それによると、六人(全員が実在した人物であるが、接触があったのは直侍と三千歳のみ)のうち明治まで生き延びたのは三千歳だけで、歌舞伎の舞台上の直侍を見て「実物の直はんは、もっともっと好い男でした。」と言ったそうな。うわーっ、かっこいいーっ!
「河内山」の部分は、以前にも吉右衛門さんで観たことがあって、その時とストーリィやセリフは変わり無いんだけれど、幸四郎さんのはまた違った河内山の味があります。吉右衛門さんのは、キモが太くて迫力のある(ある意味芝居がかった)河内山で、いかつい入道顔が時折見せるお茶目さに惚れました。対して幸四郎さんのは、軽みが強調されて、世慣れたサギ師のような痛快さを感じました。「直侍」との二役を演じることでそっちに少し引きずられているのか、それとも、もしかしたら、テレビドラマなどを演じる経験が、幸四郎さんの味に繋がっているのかもしれないと思いました。歌舞伎にはこういう楽しみ方もあったんですねえ。面白いぞ!
「直侍」の話は、やはり三千歳との恋物語。三千歳は、花魁としてのプライドを決して忘れず、けれども女としての心根にも揺れる、とても魅力的な女性。条件が悪いとは思われない金子市之丞からの身請けの話に首を縦に振らず、心にあるのはただ一人、片岡直次郎のみ。ならば百両の大金を今すぐ返せとつめ寄る金子市に向かい、河内山から借りた百両をさっと差し出す直次郎。金の出所を気にする三千歳と、博徒・暗闇の丑松。実は河内山、直次郎と丑松を今回の悪巧みに使おうという腹だった。
休憩時、トイレに行ったらどっかのおばさまがたが、「このお芝居、地味ねえ」と化粧を直しながら言っていた。確かに。華は三千歳のみ、どっちかというと男くさい世界なので。でもねえ、このお話がよく出来ているのは、(もしかしたら他の歌舞伎もそうなのかもしれないけど)脇役の存在感によって主役が徐々に際立っていくところ。
例えば、「河内山」における北村大膳の存在。セコい悪役だが決して頭は悪くない。むしろひと一倍ずる賢いこの男を、それ以上にずる賢く度胸の座った河内山がピシャリとやりこめることによって、殿様(エロエロなバカ殿)をやりこめるよりも数倍カッコ良く見せている。大膳がいるからこそ、「馬鹿め!」河内山のこのセリフでの鳥肌具合が決まってくる。観客をどれだけムカつかせるか、それが大膳の面白さかもしれない。
後半になると三千歳と直次郎の見せ場。直次郎の行方が知れず、気がふさいでしまって出養生している三千歳のもとに、訊ね訊ねて直次郎がやってくる。絶対ここに顔を見せるはずだと見張っていた丑松、気がおけない仲のように直次郎に挨拶するが、彼は自分の罪を軽くするため、役人へ直次郎の居場所を売るのだった。舞台の上には雪が舞い、梅が咲く。いまにも捕らえられようとする直侍の大立ち回り。するりと現れた河内山は、逃げていく直次郎を見送るのだった。お互いに、自分の宿命や世間というものからどこまで逃げ切れるか分からないが、「達者でな」とでも言いたそうに…。
くーっ、この余韻がたまりません。やっぱしカッコイイお話なので、また観ちゃうかも。地味だけど。(笑)

PageTop

2003.9.13 「天衣給上野初花(くもにまごううえののはつはな)から、河内山」 at 歌舞伎座

来た。来ましたよ。憧れ続けたこの演目。先日の鼠小僧から数えてたった二度目だというのに、一番安い指定席を買っちゃいました。一人、お茶とお菓子を買い込んで、昼ひなたっから夕方まで歌舞伎座内で遊ぶ所存です。歌舞伎座を外から見ただけでは分からないけど、お店やお土産も以外と多く、なかなか面白いんです。パンフレットを買って少し早めに席について周りを眺めると、けっこう一人で来ている人や若い人も多く、なんだかほんと、全体的に「遊び」っていう熱気ムンムン…天井に近いからか暑いです。早速、扇子をパタパタ。夏の歌舞伎座ではこれ、必需品かも。下の席に行けばエアコンきいてるのかな?涼しいって分かっても一万円を越える席なんて買えませんけどね、ええ。
最初の演目は「彦山権現誓助釼(ひこさんごんげんちかいのすけだち)」。武士の願いを聞き届け、試合にわざと負けてやる剣の達人・六助(中村梅玉)。人の良い六助宅には拾った子供と休んでいる老女がいる。そこへ一人の虚無僧がやってきて、村人たちと立ち回りを始める。この、虚無僧の格好をした年増、六助にも関係ある女性だった。だが実は…。偶然の出会いだらけで進むストーリィときたらすごいです。コミカルな動きの見せ場もあって面白い。実はこの話、六助が刀を持って敵陣に向かうところで終わっている。映画ならプロローグ。これから盛り上がろうというところで紅梅と白椿を持って舞台を去っていくその演出が粋です。
「六歌仙容彩(ろっかせんすがたのいろどり)」平安時代の華麗な舞踊と、次の幕では坊主の群舞。どちらも踊りで美女を落とそうとしてあえなくフラれる男の話。終わるとイキナリどん帳の紹介があるのも珍しかった。絵柄の作者と提供会社名がアナウンスされ、次々とどん帳が上がっていく。これらのどん帳、普通の会場では考えられないほどの幅(長さっていうのかな)。流石、歌舞伎座。
最後にいよいよ「河内山」です。木刀を一本手に持って、ぞろりと質屋に入ってきた時には、心臓が高鳴りました。想像通りの河内山(中村吉右衛門)がそこにいました。目をぎょろりと向き、人を見下した感じ、ただの木刀を質入れして50両貸せと言うそのふてぶてしさ。子分なんて連れてもいない、自分の知識と度胸と舌先三寸だけで世の中を渡ってきた自信に溢れています。その口から出てくる言葉もぽんぽんと小気味良い江戸弁で、相手に悪態つくヒマすら与えない。お城から娘を連れ戻す算段なんて全然つかない質屋の連中のことを「みんなひじきに油揚連中」と言ってのけます。か、かっこいい~。これから使っていいですかっ(どこでだ)。
娘を助ける役目を請け負った河内山、真っ赤な嘘をついてお城に入り込み、女好きの殿様と交渉を開始する豪胆さ。交渉手段はやっぱり舌先三寸、恫喝や屁理屈まで盛り込んで、流暢にあくまで上品に脅しのツボどころ冴えまくり、女好きの殿様もとうとう降参。山吹色のお茶(袖の下)まで手に入れて悠々と玄関から帰ろうとするところ、一人の武士に正体を看破され絶体絶命の河内山、居直って得意の江戸弁七五調でとんとんとーんと立て板に水の小気味良いしゃべり、バックに家も名誉も持たない者の気概ですっくと立ち、花道に去る寸前で有名な啖呵「馬鹿め!」。
小市民的臆病さとも、身動きとれない武士の無粋さとも無縁な、たった一人の知恵比べ。悪行だろうがかまうこっちゃねえ。偽悪者でない、迫力ある本当の悪者。でも、この河内山という男、無理と分かっているのに木刀に50両の値を言ってみたり、賄賂に被っている袱紗を周りに誰もいないのを確かめてから扇子でそーっとめくったり…なんか、なんかね、憎めないのよう~♪
とにかく凄かった。去ってからもしばらく河内山宗俊のオーラが満ちている感じ。なんだか今も少しドキドキしてる。そのぐらい颯爽として器が大きい男だった。いやまったく惚れました。降参です、女として。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。