parks@blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

写楽展

昨日は、友人のユウコリリーナさんに付き合ってもらって、江戸東京博物館の「写楽展」に出かけました。

http://www.edo-tokyo-museum.or.jp/kikaku/page/2009/0704/200907.html#tenji

ユウユウコリリーナさんはピンクかがったエンジ色の浴衣に黄色の帯で、とっても可愛らしい風情です。

会社の人が「写楽展」ベタ褒めでした。
浮世絵が欲しいとかは思わないのですが、静岡まで足を伸ばして鑑賞した、安藤広重の「大はしあたけの夕立」初刷が素晴らしいものだったので、機会があれば見に行くようにしています。

この展覧会、目玉はギリシャで見つかった写楽の肉筆の絵なんですが、どちらかというと、それより他の浮世絵初刷のほうが見ごたえありました。
さすが、初刷です。着物の柔らかさ、花魁や茶屋娘の肌の張り、指のしなやかさ、お相撲さんの筋肉や関節の盛り上がり、髪の生え際や風になびく髪の一本一本までがキッチリと美しく表現されています。
おまけに、赤や青の色のグラデーションまで鮮やかなまま残っていて、ため息が出ます。
コレクションしてきちんと保存していてくれたギリシャの人、ありがとうって感じです。
浮世絵って、美しいだけじゃなくて構図が生き生きとして大胆なところも大きな魅力だと思います。

どこかおおらかな感じは、舞台でのショット、オフショット、コラージュ、ご当地ショットなど、ファンが喜びそうなブロマイドと考えれば納得できます。
今も昔もマニアって同じなのかな(笑)

歌麿も北斎も見ごたえ満載で素晴らしいんだけど、特に面白かったのは、写楽の肉筆「四代目松本幸四郎」が市川染五郎さんそっくりだったんだよね。お父ちゃんよりも。
血ってすごいな、と思いましたよ。
あと、土蜘蛛の絵があって、これが面白かった!!
土蜘蛛率いる妖怪たちを、武士の一団が退治する話だと思うんですが、いかにも強そうに不気味な土蜘蛛の後ろ、小さいとこにいた三味線妖怪の顔がなあ、これがもう"弱いんですよアタシ"っていう顔をしてて、ユウコリリーナさんと一緒に吹き出して笑ってしまった。
この三味線、バチと草紙みたいなの持って、明らかに土蜘蛛の応援に回ってる。戦おうなんて絶対してない。
他にもいろんなとこに戦意喪失してる妖怪たちが出没してて、面白かったーー!!

その後、ユウコリリーナさんのお友達3人と合流し、銀座ライオンでビール三昧。
エビススタウト(だったかな?)っていう黒ビールがすこぶる旨かった。
ギネスみたいなクセがなくて、日本的に柔らかな中に麦の主張がちゃんとあって、さすがエビスです。
また飲みたい。
おしゃべりは、SMAP(わたしとユウコリリーナさん以外はファンではない)、相棒、映画、エヴァンゲリオン、野球、その他妄想などの盛りだくさんの話題で楽しかったです。
どうもありがとう。また一緒に遊びましょう。

スポンサーサイト

PageTop

スーパースキャンダル

届きましたDVD、見ました映画。

女性有名人とのスキャンダル写真をわざと撮らせては、他のスキャンダルをもみ消すことを仕事にしている売れないタレントであり、やさぐれたチンピラを装った青年、太田俊哉。
ひょんなことから映画の主演に大抜擢されたが、それには裏があった。
本音の見えない、すれっからし大女優と、映画予算大幅減でやる気なしスタッフに囲まれて罵詈雑言を浴びるうちに、自前の熱い役者魂に火がつき、徐々に周りを引き込んでいく。
様々な思惑に巻き込まれ、一人ずつ欠けていくスタッフ。
汚い仕事をしている芸能カメラマンのせいで、俊哉自身も絶体絶命になってしまうが…。

面白かったー!!
最初はどうしようもなく空回っている俊哉が、徐々に熱く、役者という仕事に打ち込んでいく姿はカッコいい。
ジョギング姿は可愛らしいし(あの走り姿ね)、ギャグ(?)が空回ってる様子は恥ずかしい。
おまけに、天使のような美しさと透明感だ。
いやほんとに。ファンの欲目じゃなくて。

この、カッコいい、可愛らしい、恥ずかしい、美しい、が交互に襲ってくる。
そんな映画。どんな映画だ…。

監督役の小木茂光さんが、「あいつ、役者の顔になってきたな」と言う。
まさしく、映画の最初のほうとはガラリと違った顔がそこにあった。
やっぱり演技うまいよ、吾郎さん。
なぜテレビドラマではそこらへんを上手く引き出せないのか。
たぶん、途中で設定に追加したり視聴者の意見によってラストを変えたりしてるからでしょ。ほら、彼、スロースターターだから(笑)
イライラするわーー(怒)

テーマ曲である浜田省吾の「路地裏の少年」も、ラストにいい具合に噛みあって、まさに「青春」って感じだ。
あと、協賛とか製作とかにテレビ局や大手出版社や広告代理店が並んでいない。
だから、宣伝に奔走する必要もない。
いい時代だったんだなあ。

どうしてこの映画、見逃してたんだろう、と自問。
この映画が封切られた頃(1996年)は、吾郎さんの役者としての能力を過小評価してたのよ。迷っててごめん。
でも、「飛鳥へ、そしてまだ見ぬ子へ」以降はまったく迷ってないから。(←遅い)






スーパースキャンダル [DVD]スーパースキャンダル [DVD]
価格:¥ 3,990(税込)
発売日:2009-07-31

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。