parks@blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

武相荘(ぶあいそう)

「武相荘」は、白洲次郎さん・正子さんの自宅を改装して、資料館のようになっている茅葺の家です。

http://www.buaiso.com/

行ってまいりました。

天気がよくて、駅から15分ほど歩くのも楽しかったですよ。
13時30分からの回のお弁当を予約していきました。写真撮影禁止なのですが、サイトに載っているお弁当です。
お重を開けると、様々なお料理が宝石のように並んでいて、どれもたいへん美味しゅうございました。パセリのバターライスがまた最高で。
テーブルも椅子も、節だらけの木目が美しく、箸置きと箸には「武相荘」と名前が入っていて可愛いらしく、窓の外には緑がいっぱいだし、給仕をしていただける方々の感じもとても良く、ゆったりとした気分になりました。
ああ…これに昨夜飲んだ白ワイン(辛口のリースリング)があれば最高、などとバチ当たりなことを言いながら(笑)

食後は、竹林の音に耳を澄ませながら庭を散策などしてみました。
隅々まで整ったお庭、というわけではないのですが、幹がいい具合に苔むしていたり、頭上には様々な広葉樹がさわさわと揺れていたり、足元にはどんぐりと枯葉がいっぱい落ちていたりして、どこか調和がありました。
鶴の置物(オブジェ?)や狛犬?や石塔やお地蔵さまとかが、一見ぽつんと意味なく置かれていたりするのも、なんかユーモラスに楽しい感じで。

旧白洲邸の中は、やはり撮影禁止なので写真はありません。
和室には、実際に使われていた食器や日用品や着物などが陳列されていました。品の良いものを普段使いにしていた様子が偲ばれます。
窓が昔ながらのネジ式の錠だったり、やはり木の木目を生かした壁だったり、縁側が畳敷きだったり、タイル貼りの部屋はなんと床暖房でした。
わたしが子供の頃住んでいた家にも少し似ていて、懐かしくなりましたよ。
中でも気に入ったのは白洲正子氏の書斎で、L字形の先には掘りごたつ式の机が、庭に面した窓の手前にあり、とても過ごしやすそうな心地よさを感じました。
壁は一面の本棚で、志賀直哉や南方熊楠、小林秀雄全集などがぎっしりと。本の重みで本棚が歪曲しているのもまたいい感じ。
大切な、魯山人作の器などはガラスケースの中に陳列されているのですが、中には骨董品の箱の裏側に白洲次郎氏本人が直接文字を書いたりしていて、なんて大胆な人だろうと驚きました(笑)
その反面、竹製のライトを手作りしていたり、マッカーサーに自作の椅子を送ったり(レプリカが展示されている)、マメな人だなあと。
しかも、よく見るとこの椅子、腰をかける部分の木目と背もたれの木目がきっちりと続くように計算されています。
大胆さと繊細さを併せ持つ人だったのかもしれません。

ぐるりと邸内を見た後は、お土産ショップへ。
着物のハギレを使った巾着とか、陶器やガラス器、絵ハガキや関連書籍などが売ってます。
わたしは、例の書斎と、次郎氏の愛車ベントレーの絵ハガキを買いました。かなりの飛ばし屋だったみたいです。
ショップの2階は映像が見られるホールになっていて、「その時歴史が動いた」がエンドレスで流れています。
一度見た番組ですが、結局また全部見てしまいました。
ドラマの伊勢谷くんは良かったけど、晩年の「風の男」と呼ばれた"よく分からない人"感はあまり感じられなかったかなあと思ったり。顔がハッキリしすぎてるので(笑)


帰りは近くのコメダ珈琲店でシロノワールを。
わたし、コメダ珈琲もシロノワールも初めてです!!
大きい、大きいぞーーー。
コーヒーも1.5倍のジャンボサイズを頼んでしまったので、どちらもちょっと感動するぐらいの大きさでした。
今回は二人で1個を頼みましたが、デニッシュもソフトクリームもあっさりした味なので、もしかしたら一人でもいけるかもしれません。
知覚過敏の歯に「シミルーーー!!」と叫びながらも美味しかったです。

気持ちのいい旧白洲邸も、シロノワールも、オススメですよ。








NHKドラマスペシャル 白洲次郎 DVD-BOXNHKドラマスペシャル 白洲次郎 DVD-BOX
価格:¥ 11,970(税込)
発売日:2009-11-20






NHKドラマスペシャル 白洲次郎 Blu-ray Disc BOXNHKドラマスペシャル 白洲次郎 Blu-ray Disc BOX
価格:¥ 15,120(税込)
発売日:2009-11-20




スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。