parks@blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

生・高橋優

つい5日前に「こどものうた」PVで高橋優くんを知ったと思ったら、本日高橋優くんのライヴに行ってまいりました。
友人のJUNままさんが、ぴあ主催無料ご招待のライヴチケットを当てていたんです!素晴らしい絶妙なタイミング。


これは運命、きっとそう。

渋谷o-westってどっちだっけ、と迷いながら、会場に着いてみるとJUNままさんが向こうから歩いてきた。
「きゃーーーー!!」
まるで大好きなアーティストのライヴに来た女子高生のように手を振りました。相変わらずテンション高い二人です。

250組500名ご招待の会場は、比較的すいている。
最近の若い方々っていうのは、座ってライヴ開始を待つんですのね。それでも割りといい感じにすいてた。

今回出演するバンドは3組。
LONELY↑D、SPYAIR、そして高橋優。
まず1組目はLONELY↑D。神戸のバンドだそうで、時折混じる関西弁が可愛らしい。普通の家庭で育って、普通に学校通って、普通に部活動とかしてたんだろうなあという育ちの良さを感じるバンドでした。
テンパッてるボーカルに「背中から緊張が出てんで」と声をかけたドラムの人がいい感じ。

2番目が高橋優くんでした。
少しずつ、会場の熱気というか期待感と好奇心が上がっていくのが判る。
バンドメンバーが出てきたかと思ったら、中央にサラッと本人登場。
フワフワっとした髪(少し茶色)、けっこう度が入ってるっぽいメガネ、そしてギターは位置が高い(笑)
昭和の流しか、芸人さんか、坂崎幸之助さんみたいです。
服装は普通。ピタッとしたグレーの綿パンにブーツは、ちょっと佐野さんぽい。
ギターを弾く腕が、血管浮いててとってもわたし好み。←ここすごく大事。
「素晴らしき日常」
「8月6日」
「16歳」
「福笑い」
あれ?もう一曲あったよね。なんだっけ。
声が大きい。初めて聞く曲の歌詞も、きっちりと伝わってくる。
この落ち着き、貫禄、全くブレない音程、流暢なMC、そして、どうしようもなくほとばしる音楽の才能。
ゆったりとしている感じがしたので緊張してないのかと思ったら、やっぱり緊張はしてたらしい。最後の曲の前に「すみません、もう一歩ずつ前につめてください。ってもっと早く言えっつーの」。忘れてましたねあなた(笑)

彼は、久しぶりに"健やかな魂"と才能が一体化したアーティストだった。
まっとうな、とってもまっとうな感性と、心に頑丈な芯と柔らかな振り幅を持つ人だなと。
「北風と太陽」の太陽のように、こちらの殻を一気に突き抜けて、忘れかけていたカサブタに直接触れてくる。
悲しいわけでも寂しいわけでもないのに、中の一曲でついに涙が溢れてくる。
それはきっと"健やかで伸びやかな魂"のなせるわざだ。
フォークやポップス寄りなのかと思っていたら、すんごいロックンロールだったのもよかった。
さてはかなり熱い男だな、高橋優。
すべての楽曲を終える瞬間、ギターと一緒に/レ←こういう足でジャンプして着地した時、完璧にやられた。トドメだった。
あんた、カッコイイよ!!
このスタイルをカッコイイと思ったのは、佐野元春、チバユウスケに次いで三人目だよ。
映像でしか見たことのないピート・タウンゼントを入れたら四人目だよ。
好きになりました。強烈でした。

三番目のバンド、SPYAIRはファンも定着していて、「ハンマーセッション」というドラマの主題歌を歌っているらしいです。皆さん、応援してあげてください。他人事かよ(笑)ごめんなさい。
いい曲もあったし、パワフルで男前さんだったんですけど、前に演奏した高橋優くんの印象が強烈すぎて、チラチラするんです。
視界が、じゃなくて、記憶が。

彼は秋田県横手市出身だそうだ。同じ東北人の粘りを見たいぞ。
ソロライヴがあったら、絶対絶対絶対行くから!!ていうか会いたいし!!
若いミュージシャンに久しぶりに惚れたのを実感。
CD買ったので、その後のサイン会に参加できるはずだったんですが、なんだか照れくさくてすぐにライヴ会場を後にしました。
好きになると、なかなか近づけないのだった。いい歳こいて。ええ本当に。

http://www.takahashiyu.com/








僕らの平成ロックンロール僕らの平成ロックンロール
価格:¥ 1,800(税込)
発売日:2009-07-08






素晴らしき日常素晴らしき日常
価格:¥ 1,000(税込)
発売日:2010-07-21




スポンサーサイト

PageTop

象(ばくばくばーじょん)

本編を書き終えたので、心置きなくばくばくしますよー。
どっちが本編だよ、というウワサもありますが(笑)



もぅもぅ、ライトが点いた瞬間、息が止まりました。原作で読んだ"男"の数十倍麗しい"男"がそこに立っていたので。
影から美しい実像へ。鳥肌が立ちました。
どんだけ黒いコウモリ傘が似合う男なんですのよ。
髪型はくりんくりんだし、身体のラインにふんわり張り付くようなグレーの服だし、しかもなんだか「POP UP」のシースルースーツを彷彿とさせるようですし。



そして何より、近い!!
正面からとらえた時とか、"エンジェル"そのものじゃないですか!!
ああっ、ここで鼻血を出したら早すぎるし、じぶん。



肉眼で表情まで見えるなんて、幸せなことですわ~~。
最近、めっきり視力が落ちているわたくし、舞台の奥に立たれると表情があまりよく見えないけど、手前だと大丈夫。そのギリギリぐらいのところで、ここ数年ないぐらいの集中力を発揮しましたよ!!
水晶体の筋肉にものすごーーーく力入れて、眼の体操的なことを吾郎さんのいない間に。
おかげで、少し視力が上がった気さえいたしました。
いや、まじで上がってたと思う。
やればできるじゃん。吾郎さんがひっきりなしに舞台をやってくれたら、視力回復の特許とれんじゃね?ぐらいの。



今回の席は三回ともC列D列で、向かって右側二回、左側一回でした。
左側になった時の、吾郎さんの声の通りがものすごくて、キュンてきちゃいました。
あのお口から発せられた音が、空気を震わせてダイレクトにわたしに届いている、と思いました。
素敵すぎる…
共に同じ空間にいることが信じられない…。



右側は右側で、服の山にゴロンと寝転がっているのがよく見えて、ほんと、見惚れました♪♪
睫毛まで見えそうな距離で、生きた彫像が眠っているようなんですのよ。一回目より二回目のほうが、客席寄りでゴロンしてくれたので、もう触れそうな距離で。まあそれは気のせいなんですが。



「謎の下宿人」(これ時々「隣の下宿人」って言っちゃうんだよね。それはヨネスケ)の時も思ったけど、まるで天使のような素足で。まじで美しいんですのよ、足が。
わたしのは悲しくなるほど角質だらけだというのに、じっと足をみる。
足指まではよく見えなかったけど、きっと手入れされた美しい爪なんだろうなあ。ウオノメとかタコとか外反母趾とかぜったい無いに違いない。



若い頃は儚げで中性的な美しさだったけど、この頃はがっしりとしてたくましく、男としての色気に溢れてます。
いやー、いい男になったものだ。
そして舞台に立った時の、この存在感はどうだ。
圧倒的というのではなく、かといってエキセントリックでもなく、あらゆる舞台にするりと入り込んで揺るがない、とても自然な存在感。
ああもう、こんな素晴らしい男がかつて日本に存在したであろうか、いやいない。



椅子に座る姿勢の良さも、ゆらりと立つ目線の色っぽさも、ベッドで横たわる背中からお尻にかけてのラインも、腕を伸ばした時のカーヴも、青いマフラーを弄ぶ指先も、そしてラスト、片足で立つ姿勢も、その美しさときたらっっっ!!
くぅぅ(←身をよじっている)
(ていうか、弄ぶ指先、ってエロくね?)
もう言葉にできません。この方の存在感を表現するのには、言葉も写真も映像もとうてい追いつきません。ただひとつの方法、同じ空間で目撃することしかないんだろうと思います。
この舞台の吾郎さんは、まるでキラキラ光る知恵の輪のようでありました。



アンコールでは、視線をうすーーく漂わせながらバイバイをしていただけたので、つい、手を振り替えしてしまいました。ええ、三回とも。そしてキュートな三鈴さんにも。
やっと、彼の微笑みを見られた時の安堵感と幸福感は、この心に充分すぎました。
また、新たな舞台でわたくしの思考を深く深く没頭させてください。もちろん、正面から受け止めてみせましょうとも。
心から楽しみにしています。

PageTop

「象」新国立劇場・小劇場(2010年3月)

「象」新国立劇場・小劇場(2010年3月)

作:別役実 演出:深津篤史 出演:稲垣吾郎、大杉漣ほか


「象」というタイトルと、いくつかの前情報から連想したもの。
・ネパールで乗った象。皮膚は硬くザラザラしていて、頭にはぽわぽわとした毛がまばらに生えていた。野生のサイが避けて通るのは象だけだと言われた。そういえば、象使いは黒いコウモリ傘を持っていた。日差しが強くなった時用に。閉じたコウモリ傘の先が象の頭頂部にめりこんで、しわが集中線みたいになっていたけど、象はなんにも感じていなかった。
・祖父と祖母、次に父と母、やがて自分、の皮膚。小じわが増えたり、水を弾かなくなっていることに気がついた。
・クラスメートの膝と肘にあったケロイド。小さい頃、やかんの熱湯を浴びたのだと言っていた。それらは確かにピカピカと光ってヒキツレていた。
・盲人と象のたとえ。一匹の象の鼻に触った盲人は「へび」と言い、耳に触った盲人は「ウチワ」と言い、足に触った盲人は「木の幹」と言い、胴に触った盲人は「壁」と言い、尻尾に触った盲人は「ロープ」と言い、牙に触った盲人は「槍」と言って、お互いに譲らなかった。
・象は死ぬまで大きくなり続ける。

この舞台の風景を初めて見た時、心をよぎったのはまず、「新世紀エヴァンゲリオン」(テレビシリーズ)最終回。
舞台にところ狭しと広げられた色とりどりの服と、ほぼ中央に置かれた一台のベッドが、碇シンジの精神世界とクロスした。セリが舞台三箇所からすーっとせり上がってきて人物が現れるのも、その印象を強くしている。
そしてもうひとつ。
これは一回目の舞台を観終えて、ずっと心に何かが引っかかっていたのが、しばらくしてから「ああ、あれだったのか」と納得した。以前、ネットで見た一枚の写真。
半透明なチューブのような場所を横から撮った写真で、半透明な部分の一部が破れ、その外側の細い部分にやっと立っている浴衣姿の女性、内側には服の山が覗いている。その異様さに忘れられなくなる写真だった。
本当かどうかわからないが、明石花火大会歩道橋事故の写真だとキャプションが付いていた。
それは本当に"服の山"としか見えなかった。人の手も足も顔も見えず、ただ特売のワゴンのように積み上げられた服が、天井近くまで達していた。

ライトが点くと、ゆうらりと黒いコウモリ傘を持った男が現れ、稲垣の澄んだ声が流れ出す。澱んだ舞台に、生気が灯る。
たいして大きいとは思えないのに、客席の隅々にまで染み渡っていくような声。この人はいつの間に、こんな声を手に入れたのだろうか。
「こっちから、こっちへ」本当に、まるでそこだけ風が吹いているような。

原作を初めて読んだ時、そのあまりの難解さに、不本意ながら三回も中断して寝てしまった。
だから、これは言葉の意味よりも、言葉の音に注目したほうがいいのではないかと思った。
スポークン・ワーズを紐解くのは初めてではない。目で読むよりも声を聞くほうが、更に自分で声に出したほうが心地いい文章というのは確かに存在する。
言葉の音、意味、抑揚、リズム、そして役者の声と身体と空間がひとつになってはじめて伝わる芝居が「象」なんだと思う。

見えないけれども、現実に恐ろしいもの。いくら逃げても最後には必ず捕らわれるもの。
"老い"と"死"。
他人の手(原爆)で、自分の命に時限爆弾がセットされているというのは、どんな気持ちなんだろう。
老いによってスイッチが押され、発症する。それは鼻血から始まる。
ケロイドならば見えていた。だから、その傷によって、他人と、町と、社会と、繋がっていることができた。たとえ拒否や同情や無視であったとしても。
おまけに病人には妻もいた。同じ原爆という苦しみを乗り越えた甥もいた。それは彼のポジティブさの源になったはずだ。外の世界に向かって開いていた気持ちは、原水爆禁止大会でピークを迎え、今、彼は病院にいる。
どうしようもなく筋力が落ちていく足、混濁する記憶、低下し続ける内臓機能、壊れかけた鼓膜は無意味なささやき声を拾い上げる。
それでも日常は続く。

友人の栄養士が言っていた。
口で咀嚼して、味わって、胃で消化して、腸で吸収して出す。その一連の流れはとっても大事。高齢者が嚥下できなくなったからといって、チューブで直接胃に注ぎ込んだり点滴で入れたりする段階になると、栄養価もカロリーも計算上充分だし、むしろ吸収率は高くなってるはずなのに、死期が早まることがある。
理由ははっきりしないけど、気力ってすごく大事だと思うんだよね。

細胞の牢獄にわたしたちは住んでいて、死は誰にでも平等に訪れるものではあるけれど、その手前の身体の不調を一人で抱えて日常を送るというのは、とてもシンドイに違いない。
病院を出て「あの町に行く」という希望でも持たなければ、やってられないんだろう。
なんて冷静に分析するわたしの気持ちに一番近いのは、せいぜい健常者の医者ぐらいだ。言葉を言葉通りに受け取る道化者。浅ーーい言葉がすり抜ける。
健康で、楽天的で、寛容なふりをしている。つまり、病人からみて、必要だけど微妙に不愉快なやつ。
でも、それが現実。
あまりにも死が恐ろしいので、とりあえず心にフタをして、1日ならば1日ぶん、1年ならば1年ぶん、誰もが汚く、老いていく。

他人との距離がうまく計れない通行人1に絡まれまくる通行人2も、少しだけ似ているかもしれない。
ある日何気なく、偶然すれ違ってちょっと呼び止めただけなのに、そこから派生した結果で苦しみ続けることもある。
通行人1の言うとおり、相手のなにもかもをわかってしまうなんて無理なこと。何度も何度も心に言い聞かせ、今度こそ信じないでいようと思うのに、また性懲りも無く"わかりあえる"と望んでしまう。
他人と接することは、不確かなものだと知っているのに。
親切ぶった厚かましさと、親しさの裏にある恐怖。
うまく表面を取り繕えないことから広がっていく疑惑。
やられる前にやることの正当性と殺意。
ことの善悪や気持ちとは関係なく、どんどんすれ違い離れていく。
違う生い立ち、違う世代、違う意識、違う文化…戦争の始まりなんて、けっこうこんなもんなのかもしれない。

わたしは今回の舞台を、約一週間おきに三回観劇することができた。
初回よりも二回目、二回目よりも三回目、稲垣と大杉の理解度が増していることに驚かされる。
最初は戸惑いがあって、大杉はアドリブを入れようとして、稲垣は芝居に向き合おうとして、お互いにいささか違う方向を見ているようだったのが、二回目に見た時は少し変わっていた。
その回は、以前にも増して大杉のアドリブが炸裂しており、わたしとしてはやや鼻白んでもいたのだが、そのパワフルな大杉をたしなめる稲垣が、以前よりもごく自然に役を掴み、腰を据えてかかっているようで、それはもうがっぷり四つといってもいいほどの安定した闘いぶりだった。
彼の意識からは"芝居に向き合う"なんて、とっくにどっかに飛んでいってるみたいに見えた。

原作のラストは、病人の死体がリヤカーに乗って運ばれていくのだが、今回は違っていた。
舞台でのラストを見た時、一回目は混乱と絶望しかなかった箇所で、二回目からは違うものを感じた。
まるでそれこそ小さな希望のようなものが、不完全ながらも立ち昇ってきた気がしたのだ。
病人のパワフルで計画的な意識が、今までずっとネガティブな引きこもりだった甥にちょっぴり乗り移ったかのような、これから甥はどちらの道を選ぶのだろうと思わせるようなラストだった。

病人にとって甥は「もうすこし話をしようよ」とねだる相手ではあったが、必ずしも必要ではなかった。気まぐれで緩慢な死よりも、自分でコントロールできる死を、自分で選べるほどに。
しかし、甥にとって病人は必要な存在であったことに、いなくなってから彼は気づいたのではないか。自らの潔癖性と閉塞性によって反発しながらも、甥にとって病人は「希望」そのものだったのかもしれない。
役者としての稲垣のいいところのひとつは、原作や監督や演出や脚本の意図を超えて、観ている者にその役を少しだけ明るく強く感じさせることだと、わたしは常々思っている。
でも、その部分は特別なことでもないのかもしれない。
老い&死とのゲーム終了まで、嫌なことを忘れたり忘れたふりをしたりして、虚実併せ持ったこの世界でも明るく強く生きていける力の萌芽は、意外に誰もが持っていると思うので。
もしかしたら、自分も含めた観客みんなの持つ強さやしなやかさと、彼の特長が共振しているだけかもしれないので。

あ、なんかうまくエヴァと繋がった?

拍手と雨の音は似ている。
自分と他者の、嘘も怒りも誤解も許容するような、優しさを含んでいる。

広島・長崎から65年、ビキニ環礁から56年、遠い現実としてしか感じられなくなった現在に、どうして「象」を上演するのだろう。
死や病といった、日常を壊す要素は普遍だから?
忘れてはいけない事実を、今に伝えるため?
他人との繋がりを恐れすぎている若者が増えたから?
闘いのきっかけはいつも人の心にあって、決してわかりあうことなどないから?
なにかどうも、しっくりこない。
自分の中のどんな感想もどんなヒラメキも、この舞台のほんの一部分にしかすぎないように感じる。
まるで象を撫でている盲人のようだ。
わたしはこれからもっともっと、考え続けるだろう。
稲垣が最後に示した焦がれるような熱情と、看護婦役の奥菜恵が残したセリフ「きっと、また生むのよ」の底冷えするような声音が、頭に引っかかりまくってしばらく離れそうにない。



PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。