parks@blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

2012.6.10 Zepp Divercity「2012 アーリー・サマー・ツアー」佐野元春&コヨーテバンド

http://www.moto.co.jp/live/live_info/2012earlysummer/



コヨーテバンド
D:小松シゲル
G:深沼元昭
G:藤田顕
B:高桑圭
K:渡辺シュンスケ



This is a story about me.
and
This is a story about Motoharu Sano.



タイトルがわからなくても、イントロが変わっててなんの曲かわからなくても、歌が始まれば分かる。どんなにマイナーな曲でもね。
最近は音楽を聴くこともめっきり減ったから、ちょっと記憶に自信のない曲もある。でも、佐野さんが歌いだした瞬間、脳の中の記憶じゃなくて、体からビートが浮上する。
体中の細胞が「知ってる!この曲知ってる!」ってざわめく。
いつも(特に記憶力が落ちた最近では)、その感覚が楽しくて、幸せすぎて、時に泣きたくなる。
元春の音楽のビートが、細胞というかむしろDNAに深く刻まれているような気がしてしょうがない。
そして、そんな自分をこっそり誇らしく思ったりもする。
確かに今、生きていることを強く感じるから。



曲のビートで細胞がざわめき、彼の笑顔で心が満たされ、彼のMCで苦笑する(をい)。
「僕は血液型B型で、コヨーテバンドは全員O型なんだ。だから、大型バンドって呼んでほしい」
なんというスタイリッシュなダジャレ。レベルはともかくwww
しかも自信を持って言い切るところがかっこいいです。ダジャレですけどwww
最近の佐野さんは、まるでフェアリー♪←
何を言い出すか、どんな活動を始めるか、予測がつきません。雪村いづみさんとデュエット曲を発表するなんて、誰が予想したでしょう。
しかもこのフェアリーったら、攻めの姿勢を一貫して崩しません。その意志と野性を強く感じたコヨーテバンドのツインギターでした。



元春の音楽と知り合った頃から比べたら、みんな(佐野さん含む)大人になって、軽やかにこの瞬間を楽しめる幸せ。
熱狂していたピークの頃とは違うけれど、少しピークを過ぎて更に深くなる赤ワインのように、ピークを過ぎたことを惜しむのではなく、新しい変化を華やかに生み出す佐野元春というアーティストのファンであり続けてよかったなと何度も思う。



新しい世界は、まだ混乱の中にあるけれど。

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。