parks@blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

「オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ」(2013・アメリカ)

「オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ」(2013・アメリカ)
http://onlylovers.jp/



アングラな音楽業界でのみ有名なアーティスト・アダムは、経済破綻した都市・デトロイトに住んでいる。悲観論者や不景気な情報の影響でも受けているのか、彼はちょっと抑鬱傾向。モロッコのタンジールに住む恋人・イヴは、そんなアダムを心配してデトロイトにやってくる。
何千年?も生きている吸血鬼の彼らは、各都市でO型RHマイナスの血液をなんとか調達し、事件化しないように慎み深く生きている。
愛を確かめ合っているアダムとイヴの前に、イヴの妹・エヴァが現れる。過去の反省もなく自由奔放に振る舞うエヴァに、2人は不安を覚えるが……。



恥ずかしながら、初・トム・ヒドルトンでございます。初トムヒがこの作品で感激しております。
繊細で聡明で無愛想で、死なないくせにアンニュイに悩んで憂鬱にぐちぐちしちゃって木製の弾丸とか作っちゃって恋人とラブラブなリア充のくせにウザ(以下略)。
そのエロい体で枯れたふりしてるところにちょっとイラッとしながらも本気で怒る気にさせない男。ピッタリすぎて恐ろしいわ。
恋人のイヴ役のティルダ・スウィントンがまたスレンダーでエロくて清潔でしかも知的でなんなのいったい!(机バンバン)
前作「リミッツ・オブ・コントロール」で、アートや科学などの“良きもの”たちを脅かす利権や暴力の存在と、それらを鮮やかにやっつける殺し屋=ユーモア&想像力を描いた監督だが、今回は“良きもの”が2人の姿形に集約されている。
アダムが音楽(感性)、イヴが知識(書物)を具現化したものという抽象的な意味だけではなくて、絶対的な美しさで表現している。
アダムの吸い込まれそうな暗い視線とか、イヴの好奇心と知性溢れる瞳とか。
親密さ、尊敬の愛。役割など相手に求めない。生活のためや義務感抜きに、身も心も優しく委ねられる関係っていいものですね。微妙に寝相悪いし(笑)。
黒い皮手袋と白い絹手袋のように、混ざらずに寄り添う、真の理解者同士。
無理だもの。どっからどう見てもこの人たち普通じゃないもの。
人間が踏み込んではならない領域というのはきっとある。2人からそんなオーラ(←これも陳腐な表現だが)を感じる。



けれど、アダムの愛するもの(楽器、レコード、歌)にしたって、イヴの愛するもの(科学的知識や世界各地の書物、戯曲や詩)にしたって、2人が遠距離恋愛するためのネットにしたって、結局人間が作ったものであるという皮肉。
更に、彼らを生かすものが人間の血であるという事実。
2人はダンスで回ったりするけど、それはただの“回ってるふり”にすぎなくて、人間が生まれて成熟して何かを生み出し死んでいくダイナミックな円環には永遠に加われない。
彼らは横目で人間の生から死までを眺めているしかない。まるで旧い遺跡のように。
人間がなんだか羨ましくて、同時に興味深くて、彼らは都市に住むことをやめないのではないか。もちろん、血液を手に入れやすいし行方をくらましやすいから、という名目はあるとしても。
合理的な彼らには、人間が時々誤った道を選んでしまうのが理解できないだろう。秀才たちが理論をこねくり回してデトロイトを破綻させたことも。
ガリレオの地動説、ニコラ・テスラの交流電流、ダーウィンの進化論などへの懐疑を目の当たりにして、人間に侮蔑を感じたとしても、吸血鬼の彼らは圧倒的に少数だ。



知的な生活を静かに充実させている彼らのもとに、若さとエネルギーとインモラルを発散させている妹エヴァがやってくる。
彼女は諦めない。
行きたい場所には行けばいいし、やりたいことはやればいい、血が吸いたいなら吸えばいい。
文化や知識といった「生」に直接関係のないものごとを生活のよすがにしているイヴとアダムは、彼女の生々しさや欲望を抑える理屈を持たない。
エヴァ役のミア・ワシコウスカがワガママで遠慮なく、でもそこが可愛くて、体のラインの全てが引き締まってて丸くて、閉じこめきれない若さがどうしてもはみ出しているような、健康的なエロさ。
たぶん妹を見るイヴみたいに、渇望と諦めを含んだ視線で私もエヴァを見てたと思う。
おまけにこの子、すごく魅力的な声をしている。低い声とコケティッシュな声、微妙に二重のような。耳に引っかかりながら心地よい声。
イヴは妹に大甘だし、もとが人生肯定派だから将来の見通し甘いし、アダムは怖い顔で「嫌だ」と言った後に運転手しちゃうし(笑)。
アダムって基本的に“まきこまれ系”なんだよね。悲観的で頑固だけど押しに弱すぎる。



ジャームッシュ独特のユーモアがちょこちょこ挟み込まれてるんだが、微妙すぎて1回観ただけじゃわからない。
押しに弱いアダムもそうだし、
トランク2つの中身が満杯の本って、イヴどんだけ力持ちなのよ、だし、
音楽業界の男の血なんて汚れたもの飲んじゃってもうこの子は、って注意点そこですか?な話してるし、
死体を挟んで、まるで「この粗大ゴミどうする?」みたいな困ったふうだし、
何よりアダムとイヴがこの容姿でなかったら、これだけ幅広い知識を持っていなかったら、エヴァの言うとおり、浮き世離れしたいけすかないサブカルカップルだ(笑)。
旅という名の移動を繰り返しながら居場所を求めたり、人間を「ゾンビ」と呼んで蔑みながら切実に血を欲したり、人間並に矛盾だらけな彼らもやっぱりこの地球に生きている。
合理的ですべてがきちんと整理されたアダムとイヴはたぶん、そのままでいたら枯れていくしかない。
彼らに混乱をもたらすエヴァの存在は、生命力そのものなのかもしれない(ただし夜の女神として)。
そして新しい場所で、アダムは新しい音楽に出会い、イヴは知恵で方向を決める。



エヴァが現れて、2人のラブラブな生活を混乱させるまで、アダムとイヴの服は黒と白だった。
エヴァとイアンの事件が起こってから、ジャケットの中にイヴが赤い服を着るようになる。
タンジールに戻ったイヴとアダムの目が疲れきって、妖しくギラギラと光る。さらに、マーロウの死によって彼女がすぐにでも決めなければならない事情が加わる。
量子力学という美しい理論と、飢えと、再び目覚めた旅という名のビートと。
音楽や映画や知識を携えて、文化だとか文明だとかほざきながら、「何かを残したい」と渇望する。そんな無様でちょっとピントのずれた生しか残されていないのか。
もう若くない自分と、それでも生きていく現実と。
それでもいいのかもしれない。
そんなことを思いながら、エンドロールで少しだけ泣いたが、その涙はあまりウェットではなかった。
音楽や知識そのものではお腹が膨れないんだもの。仕方ないじゃない。



(おまけ)アダムの目がほら穴のようで、まるでチバユウスケやアベフトシみたい目だなあとか思ってたら、パンフレットでチバの映画解説きたーーーー!!
すげー嬉しい♪
あと、ヤスミン?ていうモロッコの女性歌手がとても良かった。DVD買ったらまず彼女の歌声を聴いて、それからイヴが選んだ日本語っぽい本を確認することにする。

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。