FC2ブログ
 

parks@blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

「ザ・マスター」(2012・アメリカ)

「ザ・マスター」(2012・アメリカ)



http://themastermovie.jp/



(ネタバレ注意?)



私の映画マスター・葉月様からオススメされたこちら。ポール・トーマス・アンダーソン監督作品はナマステ初体験です。
映画を観る時、自分の経験とシンクロさせるか(「桜、ふたたびの加奈子」みたいに),自分の感情とシンクロさせるか(楽しいインド映画、怖いホラー映画、とか)だと思ってたんだけど、この映画は違った。
最初から最後まで、ガラスの向こうで繰り広げられている物語を観ているようだった。壁だらけ。理解されたいとか思ってないのかこの監督は。



第二次世界大戦終戦により、アメリカ軍兵士のフレディ・クエル(ホアキン・フェニックス)が帰還する。アル中の彼は怪しいカクテルを作って飲み続ける。オイル、薬品、工業用アルコールなど、ありとあらゆる液体を混ぜて作った彼のカクテル(内容はバラバラ)は、行く先々で人を魅了し、また関係を破滅させていく。
そのカクテルを振る舞い続け、とうとう老人を瀕死の目に遭わせてしまったフレディは、働いていたキャベツ農場から追われ、ある豪華な船に逃げ込む。
その船には、新興宗教の教祖ランカスター・トッド(フィリップ・シーモア・ホフマン)が乗っており、フレディは彼にもカクテルを振る舞う。
トッドは精神の不安定なフレディを鷹揚に受け入れるが、トッドの家族はフレディを疎ましく思いはじめる。



ストーリーを書いていて、こんな話だっけ?と思う。
なんだろうなー、最初から最初まで観ている者を拒絶するような、おさまりの悪い緊張感。
フレディのデンジャラスさは猟犬のようで、トッドだけに忠実、トッドだけに心を許し、トッドだけと庭でじゃれあう。
フレディがトッドの宗教団体と共に行動しているのは、一時的に隠れる場所を確保しているのだろうから意味がある気がする。
でも、トッドがフレディに執着というか一緒にいる(飼っているといってもいい)のは、理由がよくわからない。
得体の知れないカクテルはただのきっかけで、剣呑なフレディと彼が一緒にいるには理由が弱い。
マスターとしてフレディを救わなければならないという使命感なのか。だがそれだけではない気もする。
おまけにかなりうさんくさい。
いわゆるスピリチュアル系。「ムー」愛読者だった私は、こういう世界は小学生で卒業したんです。別にスピリチュアル系の人を否定はしないけど、寄るな触るなほっといてくれタイプ。



フレディは気まぐれで自由で、モラルがなく、罪悪感すらなく、平坦と怒りしか感情のない男。に見える。
人間の理屈の外側にいる存在。だからトッドは憧れてるんだろうか。
時折軽快な音楽が流れるユーモラスなシーンもあるのに、このどうしようもない閉塞感はどうしたことだ。
いつも社会とうまくいかないフレディと、ある程度の成功をおさめていることでかえって世界を小さくしているようなトッド。
説明は一切ない。観ている側に、なかなか開かない(そもそも蓋がないかもしれない)箱を渡されてるみたい。
最後、小さな驚きの言葉がトッドの口から語られる。すると、いくつかの不思議なシーンが思い出されて、「え?そういうことだったの?でも私の思ってること正しい?」と確信がもてずに混乱しつつエンド。
もやもやするわー。



先週観たインド映画では「エンドはハッピーじゃないと♪」って主人公が言ってたのに!のに!!
いや、これはこれでハッピーエンドかもしれないんだけども!



わかりやすい成功/失敗や外見では、人の本質や考えていることはわからない。
明るい人でも本当は傷ついてるかもしれない。メディアで見せているあの人の顔は嘘かもしれない。社会とうまくやってるような人が、とてつもないインモラルを抱えているかもしれない。
歳をとるにつれて、若い頃のように警戒なく初対面からあれこれ話せなくなった気がする。…違うな。あれこれ話すデータより下層に新たな重いデータが増えてきたようなイメージか。
何が真実か、なんてわからないものね。
世の中にあふれるスピリチュアル啓蒙書の脳天気さと薄っぺらさを裏側から黒く塗り、半村良「岬一郎の抵抗」から日本色を抜いてアメリカ色を注入したような。
ああもう説明しようとしたけど無理。
何か大きなものの一部を、ざらりと触っただけのような気がする。
名優たちの重い演技と、印象に残りまくる映像はとにかく好きです。
繋いだ短編小説のような映画を、ぜひ観てください。←説明をあきらめたらしい(笑)

そして教えてください。私がいったい何を観たのかを。



PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。