FC2ブログ
 

parks@blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

SMAP20周年記念Fan×Fun Party

2011年11月12日(土)東京ドーム
「SMAP20周年記念Fan×Fun Party」


なんか忘れてるなーと思ったら、ファンパレポを書いてなかった!
もう半年以上経っちゃってるじゃないか!
ってことで、覚えてるとこだけ。

13日は木村さんの誕生日なので、木村ファンに譲る気持ちで12日に応募したら当たりました。
前日はここで美空ひばりさんのメモリアルコンサートが開催され、そのセットををそのまま使用した省エネバージョン。
ステージには大きなドレープが幾つも下がり、大きな階段やフロントステージとバックステージを繋ぐ長い花道などもあり、なんだか昭和歌謡的パーティな趣き。ドレープの前には多数の芸能人の方々や出版社などからの大きな花輪が並び、新装開店パチンコ店を彷彿と……いえいえ(笑)。
入場の際にもらった大入袋には大きな「ご縁玉」=銀のメダル。これは……なんとも昭和レトロなダジャレ。大切にします。
パーティ内中居さんのMCで「一個1円としても5万人で5万円、10円だと50万円、すごくね?」とか言われました。お金かけていただいてありがとうございまーす!

私の席は、アリーナちょっと後方、ステージ向かって中央やや右側、前述の長い花道横から数えて6番目。花道近い、近いよっっ!
いったいどこから登場するのか、とりあえず前を向いて待っていると、後ろから歓声が聞こえた!
な、なんですってーー!!
驚いて振り向くと、もふもふピンク色の長いコートを着た5人が立ってる!なにそのウサギ可愛い!なんという衝撃!!しかも近づいてきます、もふもふ5人が!いっそフードかぶっちまえよ!ウサ耳つけちまえよ!
通り過ぎて前に向かう5人。あっちこっち手を振ってましたが、誰がこっち向いてたかは忘れた。吾郎さんじゃなかったのは確か。絶望的に視線の合わない中居さんだったかもしれないorz

もふもふを脱ぐと黒いスーツ。ギャップ!萌える!
歌いませんって言ってたのに、うっすら曲を流しながら?歌ってます。ダンスはいつもの2割から3割減ぐらいのパワーでさらーっと流してる感もありましたが、会場の熱気半端ないです。
まさしくパーティだねっ!!
デビュー曲の「Can't Stop!!-LOVING-」が流れだすと、ジュニアくんたちが山ほど走ってきて、花道に並びました。あまりに多いので、間隔が空いてる子と狭い子がいたり、立ち位置に間に合わなくてアワアワしてる子がいたりして。姐さんは心で「がんばれっ!」と拳を握ったね。
ここだけはSMAPさんだけじゃなくて近くの子たちに手を振ってみたりして。セクシーにはほど遠く(当たり前)、一生懸命アピールしている子供にしか見えず、微笑ましかったよ姐さんは。

トロッコは水引きのついた「祝モードトロッコ」。今回はどこまでも水引き押しなのですね。
微妙に変、微妙に俗っぽい。
絶妙で面白いことこの上ない。水引きトロッコに乗ってかっこよく手を振る日本一の男たちを見ながら、爆笑しつつ手を振っていたのは私だ。
後ろの列にいたおじさんは、周りの熱狂にずっと戸惑っているようでした。なんかすみません(笑)。

SMAPのライブでは初めて登場したムービングステージ、長い花道の上を前から後ろへ、透明なステージが5人を乗せたまま動いてくる。
ほぼ真ん中から見ている身としては、「動いてる?ちょっとだけ大きくなってるような…これ錯覚?いやいや近づいてるでしょーーー!」みたいな。
上であちこち5人が入れ替わりで動いてるようなんですけど、吾郎さんは端には来ないだろうなあ…。
あ、がんばってる。端に立とうとしてる。でも視線は遠いーーwww
途中で、中居兄さんが吾郎さんをそっと中央に向かって押しやったような気がしたのは、私の贔屓目でしょうか。そうかも。

先に、ファンから、SMAPのキャラクターで好きなものをアンケートとってあったようなのですが、それをクイズ形式で出題し、メンバーがそのキャラクターに扮して出てくる。というサービスもありました。
5万人の前での生CCBゴロー(しかも真ん中で一人)は、本人も照れてたし、こっちも手に汗にぎりましたが、やりきったね吾郎さん!素敵だったよ!輝いてたよ!
剛くんも「一本満足バー」を暴走気味で(笑)やりきりました。どこまでもハートの強い二人です。
ロハスやったね!

いつだったか忘れましたが、ステージから去る時の吾郎と慎吾の会話。(うろ覚え)
吾郎「普段慎吾は(俺のこと)嫌いとか言ってるけど、俺は好きだよ」
慎吾「ほんとは俺も好き」
とか言い合って、ラブラブで肩組んで消えてった。むはー♪

アンコールで「僕の半分」初披露。
あ、アンコール前に今までの全シングル曲の映像が細切れで流れました。おー、森くん歌ってるー踊ってるー。そして全部ノリノリで歌いあげるスマヲタごいす。SMAPだけでなくスマヲタも愛してるぜー!
「僕の半分」は、木村さんがギターを持って椅子に座り、周りで4人が歌う。メロウで少し寂しい曲、歌いだしが中居さんなので、曲調がふらついててよくわかりません(笑)。剛くんも同じく。さすがどんぐり。(ちなみに、テレビで中居さんのソロ部分を聞いてみると、歌い方や曲調がCDといつも微妙に違うので、生歌かどうかわかります。リトマス中居w)
かろうじてサビのユニゾン部分は頭の中でリフレインしました。
切ないっすね、時期的なこともあり、僕の半分というのは大震災の被災者の方々のことのように聞こえました。日本人として覚えておかなくてはいけない、記憶の半分、のような。

後半で、5人がバックステージから花道を通ってメインステージに歩いてきます。
もうここしかないと思って、隣の友人(つまり花道に向かうと前)の頭ごしに「吾郎!」と叫んでみました。
すると、いつもの「フッ」という笑いではなく、キラキラした笑顔で(笑顔で…笑顔で…笑顔で…←大切なことなので何度でも)目線をがっちり合わせて、手を振っていただきました!
もう…これでいいです充分です。20年分のつれない素振りは忘れました。
コンサートではやっぱり立ち位置やダンスや歌で頭がいっぱいになっててファンサどころじゃないんですね、そうかなと思ってましたがやはりそうでしたか。
花道向かって右(つまり会場的には前)に進んでいく吾郎さんに、ダメもとで友人の頭ごしにもう一度「吾郎ーー!」と叫んでみました。
すると……
くるっと振り向いて、更なる笑顔(ふにゃっと)でお手ふりを応えていただきました!!!!

凹●

ほんともういいです、あと10年笑顔の音沙汰なくても、たとえおざなりなお手ふりでも、路傍の石ころのように冷たく見られても、私はきっと大丈夫です。
いつか笑顔をいただけるその日まで、さようならーーー←去るな

思ってたよりも多くの曲を歌い(カラオケ状態だったけど)、ダンスし(パワー2割減だけど)、省エネモードでもけっこう明るい会場で、なんだか寸止めくらった感じでした。
コンサート行きたいよーーーー!!という気持ちがどうしようもなく膨らみます。
途中のMCでつよぽんが「(20年後も)中居くん、死なないでね」って言ってましたが、20年後は59歳、還暦前、本当に体に気をつけてくださいね。煙草やめられないし運動しないならなおさら。
もちろん全員長生きしてねーー。赤いちゃんちゃんこ着てねーーー!!(笑)

全てのプログラムが終わると、つーこさん(事務所ファンクラブ責任者、本名年齢その他不明)が出てきて挨拶。いつもながらパワフルかつ面白い人だ。
「SMAPが皆さんをお見送りしたいそうです」
なんですとーーー!!

もう本当になんですか、SMAPデレ期ですか、今までツンモード当たり前だったんですから、いきなりデレられてもこっちは困ります。
これからファンサービスしてやる、覚悟しろ。
って言われてるみたいで落ち着かないんです本当にww
あわわあわわ……。

おののきつつも、ワクワクしながら木村ファンの友と二人、席で待ちます。出入り口から見て奥まった席なので、たぶん一番後になるだろうと。
「誰だろうね」
「木村さんじゃない気がする」
「吾郎さんでもない気がする」
「私もそんな気がする」
「慎吾くんのような気がする」
「なんかそんな気もする」
「中居さんのような気がしてきた」
「ちょっと待って、木村さんの予感がしてきた」
「でもやっぱり吾郎さんじゃない気がする」
「私もまったく吾郎さんの気がしない」
云々。

私と違って勘のいい友人に引きずられた結論は、
【木村か慎吾】
客席からの退場の列は粛々と進み、前方の様子はさっぱりわからない。
アリーナから通路に入っても、前方からキャーとか歓声は聞こえるものの、姿は見えず。が、とにかく確実に誰かがいるということはわかった。
しばらく進むと、進行方向向かって左側からにょきっと腕が見えた。太くてたくましい右腕が、ほぼ水平に伸ばされてずっとバイバイしている。
この時点で腕の細いどんぐりの可能性は消えた(笑)。しかも勢いのいいブンブン具合は吾郎さんではあり得ない。はい消えた(笑)。
ここらへんから「慎吾ー!」の声が聞こえたので、ああそうか(なんとなく)やっぱり。
近づこうとして列が少し乱れだしたが、私たちはその腕から一番遠い壁ぎわを歩いていった。

少し高い位置から、慎吾くんは本当にずーっと手を振っている。とびきりのアイドル笑顔で、一人一人と確実に視線を合わせながら、時々何かを見つけたように笑いながら。
すげえ、やっぱりこの人は筋金入りのアイドルだ。
お嬢さんたちが(当然ながら)「きゃー!」とか「慎吾ー!」とかしか言わないので、ここはそうじゃないだろうと思った私ナマステ、僭越ながら「ありがとう!」の口火を切らせていただきました。
周りから一斉に沸き上がる「ありがとう!」の声。

ありがとうございました。
そして、20執念、いや違う、20周年おめでとうございます。
これからも、どうぞよろしく。

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

No title

熱い熱いレポありがとうございます\(^O^)/ ナマステさんのライブレポはいつも、目の前にSMAPが居る。愛と情熱の迸るレポですね。吾郎さんからのたくさんの笑顔とお手ふりゲット、おめでとう!おねいさん泣けてしまいました。ナマステさんの文章には、励ましがいつもキーワードとなっていつも元気と感動を貰います。そしてとびっきり面白い!ユーモアは人を幸福にします。さあ、また明日から生きていこう!そんな気持ちをありがとうございましたm(_ _)m

のあ | URL | 2012/05/20 (Sun) 17:18 [編集]


No title

のあさん

コメントいつもありがとうございます。
コンサートでの吾郎さんといえば、立ち位置振り付け最重要、MCのオチは自由自在。
ただし視線は遠くでファンサ最小限、それでもこっそり美人さんやセクスィーさんは見つけているらしい。
というのが私の中での吾郎さん像wだったわけですが、気持ちに余裕があればファンサだってできる人だと認識をあらためました(キリッ
SMAPさんを見てると、感謝とともにパワーや想像力がかきたてられる気がします。
忙しい夏になりそうですね♪

ナマステ | URL | 2012/05/27 (Sun) 12:01 [編集]


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。