parks@blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

高橋優アルバム「この声」感想

フラゲすべくCDショップに行くと、買うCDは決まっていてもとりあえずそれをお店で聴くようにしている。お店のヘッドホンのほうがだんぜん音がいいので。
1曲目、2曲目、3曲目…飛ばしながら聴いていると、だんだん体が熱くなってきた。
早くちゃんと聴きたい!と思ったので、購入したそれを持参したCDプレーヤーに入れた。家に戻るまで待てないからっっ!
最初の3日ぐらいは全体的に聴き入ってしまって感想を書くどころじゃなかった(笑)。今でも本当は、感想?面倒くさいなー、早くこれ聴いちゃえよ!って感じ。
全作の「リアルタイム・シンガーソングライター」は一曲一曲が際だっていたが、今回はもっと色とりどりの鮮やかさが輝いている。
例えば、あちこちに様々な意匠をこらしたインパクトあるストーンサークルを築いたのが前作だとすれば、今回はそのストーンサークル同士を繋ぐレイ・ラインを描いて更に上に伸びていくようなイメージ。かえって判りにくいか(笑)。


1.序曲
初めてのインストゥルメンタル。フラワートラベリンバンドとか思い出したんだが、こういう引き出しも持ってたか高橋!と驚いた。
この曲だけだと異色だが、次の曲への導入部としてグイッと引き込まれる。このアルバム全体がそうなんだけど、ほとんど力技、なのに繊細。熱くてパワフル、なのに優しい。

2.蛍
頑丈なブーツでダン!と地上を踏み締めた2曲目。
私は凡人なので、自分の目で見て、自分の耳で聞いて、自分一人で感じたいし考えたい。同じような方法をとる人しか、いまいち信じられないところがある。効率が悪いのは分かってる。
情報と頭だけできちんとした思想(間違ったら自説を撤回または訂正する、という誠実さも含む)を構築できる人ってある意味天才なんだろうな、と思う。そんな完璧さにはなれないから別に興味ないけど。
蛍は果たして清い水でしか生きていけないんだろうか。

3.誰がために鐘は鳴る
ストリングスもギターも、なんだかとっても切なく、刹那的だからこそ美しく聞こえる曲。コンクリートに咲く小さな草花のような。
「素晴らしき日常」と同じくらい名曲だと思う。
自らの鼓動が止まるその日まで、私は何ができるだろう。何を諦めるだろう。誰とどんなふうに繋がって、どこにたどり着くんだろう。

4.雑踏の片隅で
(「パパ大丈夫?パパ大丈夫?」と涙するあどけない声)
誰がこんな歌詞を書ける?誰がこの詞を曲に乗せられる?誰が説得力を持った声で歌える?
やられた。またしても完璧にやられた。
飛ぶ鳥の視界と地を這う蟻の視点、そして人の様々な想いが重なって、深く強いノイズを奏でる。
無関心に通り過ぎる景色、まきこまれなくて良かったと胸をなで下ろす小さな事件、自分が本当はそんな顔していないのに無意識に打っている顔文字、ほんとに何一つ高橋の目線からは(自分の誤魔化しさえも)逃れられないんだな。
ストレートかつ具体的でありながら比喩が秀逸。「こどものうた」を初めて聴いた2年前から幾度となく思ってるわけだが、何者なんだ高橋優。

5.気ままラブソング
優ストリーム(ネットライブ)の場で時々見えるのは、ちょっとだけワガママだな高橋、ということ。自己主張とか他人の言うこときかないとかそういうことではなくて、「嫉妬ゆう」的な意味で(笑)。
1対1の関係ではなく、1対2以上の席で、自分以外の人たちが会話を始めてしまうとひたすら聞き役になる。それはそれでいいんだけど、「まあ聞いてますけどね、僕だってしゃべりたいんですよ。ていうか僕としゃべってくださいよ」感が時々顔に出る。本当におもしろい。
んで、しゃべり出したら口がとんがる(笑)。さらに、ドMだろうがからかわれようが自分が話題の中心だったらそれが嬉しい、みたいな、なんというか末っ子気質なところがありありとwww
聞いてなかったのね、つまんないのねはいはいわかりました、じゃあ気持ちいいことしましょうか♪と言いたくなる曲。なんちゅう説明だ我ながら(笑)。

6.あなたとだから歩める道
高橋初の結婚式ソングだそうです。嬉しいのと寂しいのが混ざったような気持ちで、新しい家族になる人と歩む、昨日までとは違う道。
おめでとうございます。と、いつか優さんに対しても言わせてください。

7.卒業
どこから、何から、どんな形で卒業するか。学生だけじゃなくて、社会人の曲でもあるかもしれない。第一には卒業生のものだとしても、それだけじゃもったいない。
硬直化した立場から、出口の見えない自分の考えから、いろんなことから、たとえ無様だったとしても、何度でも卒業していくのさっ。

8.この声
ブルースハープは優さん?後ろのポコポコした音が、まるで水の中にいるようで面白い。水たまりに滴が落ちているようでもある。
ニューヨークの路上ライブでもこの曲を最初に歌ったんだった。一人ギターで歌うバージョンのほうがどっちかというと好き。

9.一人暮らし
面倒くさかったり、寂しかったり、一人の時間が楽しかったり。いろいろあるけど孤独じゃないよ、誰かと繋がってるもん。みたいな結論になってるのがホッとする。物理的に一人なのが問題なんじゃなくて、ネットや電話や手紙でもいい、様々なツールで信頼できる人たちと繋がってる実感が自分の調整力になるんだと思う。
高橋、料理はけっこうできるけど、友達にはしょっぱいって言われる、とか聞いたことがあるような。北国は味付け濃くなるよね。ジョギング終わって濃い味付けとかきっと旨いよね。でも、今から少し上品な味付けに慣れておいたほうがいいかもよ。←余計なお世話

10.誰もいない台所
こちらは逆に、一人になってぼっかりと心に穴があいた時の曲。夢を捨ててもいいとまで思える女性に出会ったのだね優さん。
歌詞だけじゃなく、すごい泣いてるのが伝わってくる。しかも、とめどなく涙を流しているのは魂の中で。歌詞とか曲調とかアレンジを超えて、これは声の力だと思う。
誰もかなわない、高橋優の希有な力。
別れる時に人は「またね」って軽く言うけど、二度と会えなくなってみるとその最後の「またね」が心を引っかく。何度も気持ちは漂って、その記憶に戻っていく。

11.蓋
高橋流・休日の過ごし方。スマスマに出た時に、実はこの曲と「SHAKE」のメドレーにしたらいいのにと思ってた。
スターバックスのグランデお持ち帰り、とかいう歌詞が出てきた!注文のやり方覚えましたか。スタバの店内で流れてたら面白いのに。
何をしてもいい自由な休日なのに、心では昨日までのいろんなものに蓋をしてる。明るく楽しい休日に、見えない「蓋」が存在する。ちょっと深いかもしれない曲…いや、そうでもないか(笑)。
ブログを読むと、どうやら優さんは自分のためだけの時間が少しでもないと煮詰まって苦しくなる性格らしいので、スケジュールでうまく調整してもらえるといいね、マネージャーさんよろしくー!

12.絶頂は今
(惜しみなく出し合いましょ 君と僕のアレもコレも)
力強く熱いエロと愛を、「ですます調」を交えて主張するスタイル。優さんのスピード感ってかなり独特。
畳み掛ける言葉の渦にもどこか文学的な裏付けがありそうで、同時に水と油のような原始衝動的な気持ちをもっともっとと叩きつけてるところがますます面白い。
ちょうど、心にとっておいたものを最近取り出してみる気になったとこです。出して見せたら失敗して空っぽになったら嫌だなとか思ってたんだけど…。自分にとっては華でも他人から見たら石かもしれないし、もし石だったとしてもその石を磨けば宝石といわないまでも石鹸ぐらいには変わるかもしれないし。意味不明ですねすみません(笑)。
チョメチョメな高橋優をもっともっと出すがいいさ。一生忘れられないライブにして、もうどうとでも!

13.セピア
鋭さや毒や利己的な部分やネガティブさなんかを、ふんわり包んでしまう歌。
私は高校の頃の仲間との関係をすごく大事に思っていて、名字が変わったり立場や場所が違ってもう何年も経ってるのに、実際に会うと本来の自分を思い出せる気がする。
心の周りは以前と同じではありえないし、成長した部分や賢く薄汚れた部分もあるんだろうけど、彼女たちと繋がっている部分は何も変わってないと思う。私も彼女たちも(たぶんそうだと思う)。
たまに帰省すると集まってくれて、皆それぞれに新しい興味の対象を見つけていて、知ってるとか知らないとかありえないとかなんだそれとか言いながら笑いあって、涙でるぐらい爆笑したりして、たまに真剣な話なんかもして、最後に「またね」と言う。
再会することを信じきって、私はまた都会に戻ってくる。少しだけ軌道修正した心で。


この声(初回限定盤)この声(初回限定盤)
価格:¥ 3,500(税込)
発売日:2012-03-14

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

No title

「誰がために鐘は鳴る」シングルで聴いた時よりずっと良いし震えました。ギターの音がえもいわれぬ世界に連れていってくれるし、優さんの歌はいいし。新しい発見でした。「蓋」も「セピア」も味わい深い。優さん、ずいぶんたくましく自信に溢れてきたと思います。もっともっと聴き込みたい。そしてもっと大勢の人たちに優さんの歌を聴いてほしいです。

のあ | URL | 2012/03/21 (Wed) 09:16 [編集]


No title

のあさん

コメントいただいてたのに、確認が遅くなってごめんなさい><;
「誰がために鐘は鳴る」不思議な曲です。このアルバムで通して聴くと比較的地味なのに、一曲だけ抜き出すと際立っています。聞き流すことを拒否されそうな歌ですよね。集中力が必要な感じ。
高橋の自信、感じますねえ。一見繊細っぽいけど、けっこうザックリと大雑把な解決法もあるよ!と提示してくれている気がします。しかもそれが妙にハマる。
ファーストアルバムと同じく、このアルバムも何度も何度も聴きこむこうになりそうですね♪

ナマステ | URL | 2012/03/25 (Sun) 21:12 [編集]


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。