parks@blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

僕と妻の1778の物語

http://www.bokutsuma.jp/

すんごい遅くてすみません。
書きたかったんだけど、いろいろいろいろいろいろいろいろあってさー。

星護監督(以下まもるん)の感性って好きだなあ。
感情を前面に出さないとことか、形式から入るとことか。
「ほら、こうしたら泣くだろ?」っていうところがない。逆に、そういう予定調和に慣れた観客にはつらい映画かもしれない。
いきなりタコ型火星人とか出てきて、かなり"変てこりん"映画でもあるので。
予定調和を鼻で笑ってしまう私のようなひねくれ者にはピッタリでした。
もう、涙で鼻が詰まって、後半ずっと口で息してたもの。

まもるんて、人や自然や身の回りの物たちをつぶさに観察し、大事に大事に形作っていく映像作家のような、職人さんだと思う。
ヲタはそれを愛と呼ぶ。
シーンの一つ一つが印象的で、物や人や町が優しい。
必要以上に入り込まない優しさや情緒は、そのまま映画の印象に繋がる。
丁寧に丁寧に積み上げられた原稿のような映画なんだな。
そして最後、1778話目の話の素晴らしさが胸に溢れる。

CGって華やかさだけじゃなく、こんなふうにも使えるんだな。地味だけど、ヤマトとは真逆の可能性を示している。
ただ、単館上映でもよかった。そのぐらい、映画ファンが大事にしたいタイプの映画だと思う。

眉村卓さんのSF小説って、小学生の頃けっこう読んでたような気がするんだけど、全く覚えてないのね。
星新一さんのように天才的に尖ったところはないけれど、ノスタルジックで優しくて、ホッとしたところのある作家だったような。
映画を見てから都合のいいように解釈してるのかもしれないので、また読んでみたいと思います。

あと、まもるんには稲垣金田一の映画を撮っていただきたいです。ぜひ、「獄門島」でよろしく。



PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。