FC2ブログ
 

parks@blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

●#12(2004.1.10)● ハピネス

初めての六本木ヒルズで、森美術館を訪れた。エレベーターから降りて展望台に向かう人たちから別れ、美術館へ向かうエスカレーターの空間から「ハピネス」は始まっている。四方の壁を占める両性具有的な写真。そして、彼(彼女)の住む天上へ続くかのような、中心にそびえる梯子もまたアートの一つだ。古今東西からhappinessという軸だけで集められたアートたちは、比較的ゆったりと展示され、入口の大きい写真から、出口近くに何の注釈もなく展示されているオノ・ヨーコの小さなカードまで、思っていたよりもかなり楽しめた。中でもモネの「睡蓮」は、わたしの好きな絵の一つだったから、その原画をしばらくの間眺めることができて嬉しかった。流れるような白い光、たゆたう緑色や紫の線、そして、暗く深い水底から現われ出た奇跡の睡蓮が輝いている。自然の力強さと静かさ、美しい時間の結晶と二人きり。ハピネス。
その「睡蓮」をはじめとして、いくつか心に残った作品があった。タイトルは忘れてしまったが、銀色のワイアーを輪にしたものがあった。細いワイアーを束ねたものをねじっていて、つなぎ目はちょっと見ただけではわからない。ほぼ円形のそれを見た時、「ウロボロスの蛇」を思い出した。自分の尾を食べる蛇。でもよく見るとその作品は蛇の頭も尻尾もなく、ただの円だった。どんなにたどっても終わることがない円。けれども限りある円。「質量保存の法則」次の世代へ遺伝子を引継ぎ、子供が大きくなるにつれて短くなっていく自分の時間、正しいというより当たり前とされる前提が円の形をとってそこにあった。ただしそれは人間としての前提だ、と少々皮肉気味にわたしは思う。人間の円と自然の円は絡み合いながら少しずれた位置にあって、自然のエネルギーは人間にただ吸い取られていく。逆はありえない。質量保存の法則。かくして人間は地球上にうじゃうじゃとはびこることになり、バベルの塔を六本木に建てた。なんてね。
こんなことを考えるのは読んでいる小説のせいかもしれなかった。「死者の体温」大石圭。他人が生きていて自分もまた生きている、そして自分だけの未来がどこかに待っている。そんな一切を感じられない主人公が繰り返す殺人の話。「かけがえのない自分」なんて信じていない心の片隅が、その途切れないワイアーを見た時、少し震えたような気がした。
美術館からの帰り道、少し遠い駅で降りた。大きな公園を通って、20分ほど歩いて帰るつもりだった。途中、ドトール(実はスタバのコーヒーとかより好きだったり…)に寄ってけっこう美味しいチーズケーキを食べコーヒーを飲みながら、ちょっとだけのつもりだったのについ「死者の体温」を読み終えてしまった。大石圭の小説を読んだ後、いつも訪れる虚脱感と後味の悪さを感じながら(なのに何故読んでしまうのか)、夕暮れのせまった外に出た。公園に続く広い歩道橋に、女の子とその両親らしき人が3人で空を見上げていた。「フェイジー・ラ」女の子が言った。見上げると、あかね空の方角から雲が一直線に伸びていた。作っていく白い線を、フェイジー自身は気づいていない。ただ、地上にいるわたしたちだけが、彼の飛んでいく姿と残していく雲を見つめている。存在というのはそういうことなんだろうか。A-HAの「テイク・オン・ミー」を流しながら公園を丸く走っている自転車に追い越されて、わたしはちょっぴり可笑しくなった。案外、そういうことでいいのかもしれないね。ハピネス。

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。