parks@blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

2003.10.11 「GO LAST HEAVEN」 THEE MICHELLE GUN ELEPHANT at 幕張メッセ

ミッシェルガンエレファントの解散ライヴです。(泣)
かなり、かなり好きだったから。いや、アルバム全部持ってるとかファンクラブ入ってるとかいうファン度じゃないんだけど、彼らの音楽を聴いただけでストレートにズガンって感じだったのさ。
ただ音楽やってるだけ、それがすべて、みたいな立ち位置がカッコいいバンドでした。(過去形でしか語れなくなってしまったのがなんか悔しい)
ところで幕張は遠い!makop嬢と一緒じゃなかったら迷ってたか各駅停車でそのまま行ってライヴに遅刻してたなきっと(笑)。彼らのカッコよさに気づいた時はもう既にライヴハウスで酸欠ライヴを繰り返していて、わたしはそこに行く勇気がなかった。メンバーと同じぐらいの年齢だし。オールスタンディンクだし、足腰やばいし、ファンすごそうだし、絶対酸欠か腰くだけで脱落する、と思ってたので。ええ意気地なしだったんです。
で、やっぱとっとく?幕張。みたいな話になって、早い時期にチケットとっといてよかった。ほぼ毎日できるだけ歩く生活をして、当日に備えてはいたけれど、最初で最後のライヴになるとは思わなかった。絶対最後まで脱落したくなかった。前に行くなんてとんでもないけど、最後まで奴等と一緒にいたかった。
リストバンドもらう長い列に並び、入場するための長い列にまた並び、みんなけっこうタラタラと歩いている。そんな彼らもロッカー確保に必死。死闘の末なんとか荷物を入れることができて、準備オッケー!
30分遅れて開演。周りは既に最高潮、始まった途端に前方向にガーッと人が動く。流されないように柱の前の位置になった。胸の前に腕を曲げ、どの方向からの攻撃(?)にも対処できるようにする。ステージに近いとはとても言えない位置だけど、こんな興奮は久しぶりだ。4人がいつもの位置に立つと、人の波が大きくうねる。
「ゲット・アップ・ルーシー」「バードメン」…どんどん彼らと観客は加速していく。「フリー・デビル・ジャム」も「ブラック・タンバリン」も「赤毛のケリー」も何もかもが同じだ。頭の中だけで想像していた彼らのライヴとまったく同じだ。違うのは、汗ばんだ素肌、濡れた髪、会場の熱気、あちこちからの圧力、踏まれるつま先、何が痛いんだか今が何時だか分からなくなる集中力、チバの声の震え、CD聴いてるだけじゃ決して分からない様々なこと。
「エレクトリック・サーカス」「ベイビー・スターダスト」「リリィ」前の方にいた人たちが男女問わず、わたしの前や横を通って脱落していく。あちこちでモッシュしてる人の影が動く。一番前とかとんでもないことになってるっぽい。脱落なんてしない、するもんか。こらちゃんと立ってろ自分の脚!
「リボルバー・ジャンキーズ」「ジェニー」近づいてくる最後に向けて鼻の奥がツンとしてくる。4人はずっと、すごくクールに、すごく濃密に、すごく丁寧に、すごく潔く、一曲一曲を演奏し、歌っていた。
ラストの曲は「世界の終わり」。
ステージを去る時、アベフトシが言った「ありがとう」を忘れることはないだろう。(それに応えた大きなうねりと、「うぉー」という声にならない声も)
大音量が似合う音楽、わたしにとっての安らぎはそこにあるらしい。おそらく今も。



BURNING MOTORS GO LAST HEAVENBURNING MOTORS GO LAST HEAVEN
価格:¥ 5,800(税込)
発売日:2003-12-03



Michelle

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。